交通事故に強い弁護士

交通事故に遭ったら弁護士に相談するのが良いことは、最近よく知られています。

なぜ交通事故を弁護士に相談すると良いのでしょうか。

弁護士に相談するメリットでもっとも大きいのは、被害者が手にする損害賠償金が大幅にアップすることです。

交通事故で加害者の保険会社と示談交渉をする際、保険会社は被害者に支払うお金を出来る限り少なくしようと考えます。

しかし被害者には損害賠償の当然の権利があります。その正当な金額は、裁判を起こせば判決で認められます。

過去、数々の交通事故被害者が起こしてきた裁判の判決によって蓄積されてきた損害賠償金額の相場(基準)があります。

この判決で得られる損害賠償金額の基準は「裁判基準」と呼ばれることが多いです。

弁護士は裁判のプロですから、裁判基準を獲得するプロでもあります。そのため、交通事故被害者が弁護士に事件の示談交渉を委任すると、加害者の保険会社との示談交渉は裁判を前提にした交渉となります。

つまり、加害者の保険会社は裁判基準を前提とした示談交渉をせざるを得ない状況になるのです。そのため加害者の保険会社の提示してくる損害賠償金額も大きくアップしてくることがほとんどです。

このような理由から交通事故に遭ったら弁護士に相談するのが良いのです。

しかし交通事故に遭う経験は一生に一度あるかないかのため、被害者はこのような事情に無知なことが多いです。

その無知につけこんで加害者の保険会社はできるだけ低い金額で(ひどい場合だと自賠責保険金そのものの金額で)示談をすすめようとします。

ちなみに自賠責保険金の金額を「自賠責基準」、任意保険会社が支払う金額の相場を「任意保険会社基準」と呼ぶことが多いですが、任意保険基準から裁判基準へ大きく金額をアップさせるのはなかなか弁護士以外ではできないことが多いです。

仮に被害者本人が相手保険会社に「裁判基準で示談金額を計算してください」とお願いをしても相手にしてもらえなことが多いです。任意保険会社の運用上、被害者に弁護士がついていない場合は裁判を前提としないで示談交渉をすることが多いからです。

弁護士費用を考慮しても、交通事故に遭ったら、まずは弁護士に相談をして委任をしたほうが被害者が受け取る金額がアップするケースが本当に多いのです。