弁護士に相談すると損害賠償金額が高くなる!?

休業損害, 示談交渉

 弁護士に示談交渉を依頼する最大のメリットは、弁護士に手続きを依頼すると、損害賠償金の金額が上がることです。

 交通事故に遭った場合には、相手に対して慰謝料や休業損害、逸失利益などの損害賠償請求をしますが、これらの賠償金額の計算方法には、3つの基準があります。

 自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準です。この中で、弁護士・裁判基準が最も高額になり、同じ交通事故の事件でも、弁護士・裁判基準と他の基準とでは、損害賠償金額に2倍以上の差が発生することも珍しくありません。

 弁護士に示談交渉を依頼すると相手保険会社は多くの場合、高額な弁護士・裁判基準で損害賠償金額を計算してくれます。もし被害者が自分で対応していると、これよりかなり低い任意保険基準での計算になってしまうので、弁護士に依頼するより受け取る損害賠償金額が低くなります。

 むちうちのケースで数百万円、重症のケースで1億円以上の増額実績がある、年間2500件以上の交通事故被害の相談を受けている交通事故被害者側専門の弁護士に無料相談の申し込みがコチラからできます。まずは気軽に自分の賠償金額がどれくらいになるのか無料相談で聞いてみるとよいでしょう。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-