「死亡交通事故」に遭ったら。不当な慰謝料等で和解させられないために

交通事故 弁護士, 示談交渉, 過失割合

 死亡事故が起こった場合、遺族の心痛は甚大です。
 ただでさえ精神的にダメージを受けているのに、示談交渉をすることは、さらに大きなストレスになります。

 示談交渉では、相手方任意保険会社は加害者側の支払いを減らすために、被害者側を悪く言ってくることが多いからです。たとえば、被害者の側に大きな過失があったと主張されることなどもよくあります。死亡事故の場合、被害者が死亡していて事故状況を説明出来ないため、相手方の言いたい放題になってしまって死亡者の過失が大きくされてしまうケースが多いのです。

 遺族からしてみれば、このような「死人に口なし」の状態を利用されて、死者にむち打つような言動をされたら、許せないという思いを持つと同時に、精神的ストレスも大きくなりすぎて、耐えられないと感じることも多いです。

 ここで、弁護士に示談交渉を依頼していれば、遺族が自分で直接相手方からこのような酷いことを言われることを避けられます。また、弁護士という法律の専門家が味方になってくれているという安心感からも、精神的ストレスが大きく軽減されます。

  そして死亡事故の場合、死亡慰謝料以外にも葬儀費用や逸失利益など、いろいろな損害が発生するので、それぞれの金額を計算して相手方任意保険会社と話し合う必要があります。
 この示談交渉の手続きを遺族自身ですすめていると、加害者側保険会社につけこまれて、不利な条件で和解させられてしまうおそれがあり、実際にそのようなケースは多くあります。

 たとえば、大幅に被害者側の過失相殺を主張されて、本来受けられる損害賠償金額よりも大きく減らされたとしても、そのことに気づかないまま示談してしまうこともあります。

 この点、弁護士に依頼すると、そのような不利益を受けることはありません。
弁護士は法的知識はもちろんですが、示談交渉にも長けているので、被害者側での最大限の主張をして、最も有利な方法で示談をすることが可能になります。

 死亡事故のケースでは、弁護士に依頼すると様々なメリットがあるのです。
被害者が死亡してしまった辛い状況ではありますが、損害賠償請求をしないわけにはいきません。示談交渉を進める段階が来たら、できるだけ早めに弁護士に相談に行くと良いでしょう。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-