交通事故を相談する弁護士を選ぶ 3つのポイントとは?

交通事故 弁護士

 交通事故の中でも人身事故に遭うと、さまざまな症状が出たり、後遺障害が残ったりするおそれがあります。
交通事故の損害賠償手続きを弁護士に依頼する際、人身事故の場合にはどのような弁護士でも良いわけではなく、選ぶ際には3つのポイントがあります。

受任可能時期や受任可能な等級に制限がない

 交通事故の経験豊富な弁護士は通院中からのサポートが被害者にとって大きなメリットがあることを知っています。また、後遺障害等級が〇〇級以上でないと受任できません、という弁護士もいますが、弁護士がはいらなければ正当な損害賠償を受けられないなかで、それは被害者のためにならないと被害者側の弁護士は考えています。

後遺障害等級認定サポートの実績が豊富

 後遺障害等級の獲得は簡単ではありません。むしろなんとなく流れに任せていては正当な等級が認定されないことが多いでしょう。具体的なケースでどのように立証をすれば適切な等級が認定されやすいかの経験を蓄積している弁護士であれば、被害者に最善の結果を導くでしょう。

医学的知識が豊富である

 後遺障害等級認定では被害者の具体的なケースで医学的な立証をする必要があります。医師でさえ被害者の後遺症の根拠を見落とすことがあるのですが、交通事故に強い弁護士は、そんな医師が見落とした画像上の器質的損傷を指摘できることもあるほど医学的な研鑽を積んでいます。

交通事故を相談する弁護士はこれらの3つのポイントを全て満たした弁護士が理想ですが、コチラから、上記3つのポイントを全て満たした弁護士の無料相談を申し込むことができます。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-