【知らないと損!?】交通事故被害者が弁護士に頼む 3つのメリット

交通事故 弁護士, 示談交渉

交通事故に遭ったら、事故の相手方に対して損害賠償請求の手続きをする必要があり、通常は相手方の保険会社との間で示談交渉をすすめていくことになります。損害賠償手続きを、被害者が自分ですることもできますが、弁護士に依頼することもできます。

ご存知でしょうか?

交通事故の被害者になってしまった場合、示談交渉を弁護士に依頼すると、3つのメリットがあります。以下で順番に説明します。

1:損害賠償金額が高くなる

 あまり知られていませんが、弁護士に示談交渉を依頼すると、賠償金額がとても高くなります。
 例えば、むちうちで184万円から1005万円に上がったり、重症の場合は1億円上がることもあります。
case

詳しくはコチラ

2:示談を有利にすすめられる

 加害者の保険会社担当者は、毎日色々な交通事故被害者との示談交渉をしています。言わば、交通事故示談交渉を仕事としているプロです。
 被害者に不利なことを言ってきたり、法的で専門的な計算について被害者が知らないことを良いことに、低い金額で示談提示をしてきたりします。
 そのようなとき、被害者専門の交通事故弁護士がそばにいれば、示談交渉を有利に進められます。

3:各種手続きがスムーズに進み手間が省けて精神的にも楽になる

 損害賠償金額を大きく左右する後遺障害等級認定を受けるために必要な医証をそろえる必要があったり、逸失利益の基礎収入算定のために資料を揃える必要があったり、交通事故被害者がすべき手続きは医学的、法的な知識が必要とされ、とても面倒だったりします。
 医学的知識に精通した交通事故に詳しい弁護士に相談すると、各手続きがスムーズに被害者に有利に進みます。

このように、弁護士に損害賠償請求手続きを依頼するとたくさんのメリットがあるので、交通事故に遭ったら、是非とも弁護士に相談してみると良いでしょう。

 ただ弁護士だったら誰でも良いわけではありません。

 交通事故事件の経験が豊富で後遺障害について理解が深く、医学的知識にも精通している弁護士である必要があります。

 年間2500件以上の交通事故相談を受け、3000件以上の後遺障害等級認定の実績があり、顧問医の協力体制のもと所属弁護士の全員が医学的知識に精通している被害者側専門の弁護士法人がコチラで無料相談の申し込みを受け付けています。交通事故に遭って怪我をしたらまずはこの無料相談を利用して今後の見通しや適正な賠償金額がいくらくらいなのか聞いてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-