後遺障害等級の認定結果が弁護士によって差がでる!?

交通事故 弁護士, 後遺障害認定

 交通事故でも、人身事故で後遺障害が残ったケースでは、後遺障害の等級認定請求をする必要があります。
後遺障害の等級認定請求をすると、損害保険料率算定機構という機関において、後遺障害の有無や程度を審査します。後遺障害が認められる場合にはその等級を決定してもらえますが、後遺障害がないと判断されて非該当とされるケースもあります。

 後遺障害の等級認定請求の際には、医学的な検査結果や所見が重要です。これらを上手に使って適切に主張と立証をしないと、後遺障害を認めてもらえなくなったり、本来よりも低い等級に認定されてしまったりすることになります。

 そこで、後遺障害等級認定請求を適切にすすめるためには、医学的知識が必須になります。

 後遺障害等級認定手続きを弁護士に依頼すると、等級認定が受けられる可能性が高くなると言われていますが、実際には、医学的知識のある弁護士とない弁護士に依頼する場合では、まったく結果が変わってくるのです。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-