症状固定して今後示談交渉をしようというタイミングで知っておくべきこと。賠償金が2倍以上に!?

交通事故 弁護士, 示談交渉, 通院治療と病院での診断

 交通事故後の通院が終わったら、いよいよ相手方任意保険会社との示談交渉が開始されます。示談交渉を行う場合、弁護士に依頼すると、(被害者が受け取る賠償金が高額になる)弁護士・裁判基準で損害賠償金額を計算してくれるので、被害者が自分で示談交渉するよりも多額の賠償金の支払いを受けることができます。
 被害者個人が手続きした場合と比べて、2倍以上の差が発生することもよくあります。

 このように、示談交渉は弁護士に依頼する方が受け取れる賠償金額が上がるので、症状固定して今後示談交渉をしようというタイミングで、弁護士に相談をして示談交渉を依頼するのがおすすめです。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-