弁護士に頼むと後遺障害等級認定の請求等、各種の手続きがスムーズにすすむ!?

後遺障害認定

 交通事故の損害賠償請求をするためには、いろいろな手続きが必要です。

 代表的なものは、後遺障害の等級認定請求手続きです。この手続きに失敗すると、後遺障害が認定されず、損害賠償金が大きく減ってしまいます(後遺障害慰謝料や逸失利益が支払われなくなるため)。

 弁護士に損害賠償手続きを依頼すると、これらの交通事故損害賠償に必要な手続きを、非常にスムーズに的確に行ってくれます。

また、後遺障害等級の認定を受ける際、加害者の保険会社にすべて任せたり、なんとなく手元にある資料だけを提出すると、適正な後遺障害等級が認定されないことがあります。

このようなとき交通事故に精通した弁護士であれば、その等級が認定されるために必要な書類や医証(レントゲンやMRI、各種検査や報告書など)を熟知していますので、足りない書類について気づくことができ、被害者の実際の症状にあった後遺障害等級が認定される確率を、可能な限り高めることができます。

このように、弁護士に頼むと、後遺障害等級認定の請求など各種手続きがスムーズに進みます。
それに被害者が自分で手続きするよりも、後遺障害の等級認定も受けやすくなるので、その分被害者が受け取る損害賠償金が高額になります。

後遺障害等級認定の手続きや交通事故被害にあって各種手続きが大変だと思ったら、交通事故の後遺障害等級認定の実績が3000件以上ある弁護士法人の無料相談もコチラから利用することができます。気軽に相談してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
弁護士に依頼すると、多くのケースで賠償金が増額します。 サリュなら、もっと応えます。 賠償金増額実績・後遺障害等級認定実績ともに業界トップクラス!⇛無料相談のお申込・お問合せはコチラからお気軽にどうぞ
交通事故 弁護士|慰謝料増額、後遺障害等級獲得、弁護士無料相談-被害者のための情報サイト-